ふぐとあらのおいしい博多の老舗料亭「日本料理 てら岡」

老舗 てら岡だけの味づくり てら岡だけのおもてなし

料理には、「前味」「中味」「後味」という3種類の味わいがあると、てら岡は考えています。

「前味」とは、美味しい料理を食べに行くまでのワクワク感と、席に案内され、料理が出されるまでの期待感。
「中味」は、美しく盛り付けられた料理を目で楽しみ、口に運んで味わう喜び。
そして「後味」は、旨かった、またこの店で食べようと感じる満足感と余韻。この3種類の味わいが、きちんと3つとも備わっている料理店だけが、いつの時代もご愛顧いただける、行く価値のある店だと言えるでしょう。

「今夜はてら岡で食事しよう」と決めた瞬間から、ワクワクしていただけるような…。
ひと皿味わうごとに、「さすが、てら岡」と納得していただけるような…。
食事が終わり、店を後にしながら、「次は大切な友人を連れて行こう」と感じていただけるような…。

日本料理てら岡は、そういう店であり続けるため、常にお客様とは負けたら次はお越しいただけないという気持ちですべてにおいて真剣勝負で取り組んでいます。

てら岡だけの味づくり