【かごしま 旅の駅 魔猿城】新商品『薩摩紅茶かるかん』

新商品『薩摩紅茶かるかん』

幕末から明治維新にかけ、薩摩藩と密接な関係にあった英国。
幕末当時、英国とは生麦事件から薩英戦争にまで発展しましたが、
戦争後は西洋文化を取り入れようと「英国留学生」を派遣するほど、その存在は大きかった。

その中で、海外市場で高値で取引されていた「紅茶」。
これに目を付け、商売として考えていたのは、五代友厚と言われており、
国産紅茶作りを推進したと言われております。
今回、鹿児島の郷土菓子「かるかん」と、英国に馴染みある「紅茶」と
コラボした商品を開発しました。中は、ミルク餡が入っており、まるでミルクティーを食べている感じです。
ぜひ、その当時を思い浮かべながら、お召し上がりください。

【かごしま 旅の駅 魔猿城】新商品『薩摩紅茶かるかん』 【かごしま 旅の駅 魔猿城】新商品『薩摩紅茶かるかん』 【かごしま 旅の駅 魔猿城】新商品『薩摩紅茶かるかん』
【かごしま 旅の駅 魔猿城】新商品『薩摩紅茶かるかん』 【かごしま 旅の駅 魔猿城】新商品『薩摩紅茶かるかん』 【かごしま 旅の駅 魔猿城】新商品『薩摩紅茶かるかん』

ミルク餡が入っており、まるでミルクティーを食べている感じです。
ぜひ、お召し上がりください。

内容量:1箱6個入り

送料:購入個数にかかわらず全国一律 1,080円

商品コード:masa02

価格 890 (税込890 円)

数量: