【かごしま 旅の駅 魔猿城】やぶれかるかん

「軽羹(かるかん)」とは?

鹿児島を代表するお菓子と言えば「軽羹(かるかん)」。
貞享3年(1686年)から正徳5年(1715年)ごろに薩摩藩で誕生したとみられ、初めてかるかんの名前が文献に出てくるのは、正徳5年、島津家二十代綱貴の五十歳の祝いの献立で、羊羹などとともに「軽羹(かるかん)」の記載があるのが最初です。
名前の由来は、昔の軽羹(かるかん)は、今の饅頭型ではなく、羊羹のような短冊型でした。原料は、米の粉であるかるかん粉、砂糖、山芋です。これらの原料に水を加えて蒸し、弾力性の有る白色の半スポンジ様に仕上げたのが軽羹(かるかん)です。
その為見た目は羊羹のようですが、羊羹に比べて非常に軽く、その字の通り「軽い羊羹」で「軽羹(かるかん)」です。

鹿児島の伝統のお菓子「軽羹(かるかん)」と「やぶれまんじゅう」のコラボ商品

”かるかんはこし餡”そんな常識を覆した「やぶれかるかん」
北海道産の小豆を使用した粒餡を入れ
やぶれ饅頭の様に餡を浮きだたせたことで
より餡子の美味しさを感じて頂ける一品でございます。

魔猿城 商標登録商品

【かごしま 旅の駅 魔猿城】やぶれかるかん 【かごしま 旅の駅 魔猿城】やぶれかるかん
【かごしま 旅の駅 魔猿城】やぶれかるかん 【かごしま 旅の駅 魔猿城】やぶれかるかん

伝統を守りながら新しいかるかん
「やぶれかるかん」

今までにない、粒餡のかるかん
是非一度ご賞味ください。

内容量:
1箱4個入り

送料:
購入個数にかかわらず 全国一律1,100円

配送方法:
【常温】魔猿城からお届け

※魔猿城発送の冷蔵商品と常温商品を同時購入いただいた場合、すべて冷蔵便でお届けいたします。

価格 600  (税込)

本体価格 555 円 (税抜)

数量: